名張川納涼花火大会:華火賛歌、4000発

名張市の夏を彩る「名張川納涼花火大会」が28日、名張市新町の名張川河畔で開かれる。「華火賛歌(はなびさんか)」をテーマに、昨年より1000発多い 4000発を打ち上げる。東日本大震災を契機に再認識された絆を基に、活気のある、華やかな未来を築き上げようとの願いを込めた。観覧席は7日に販売開 始。名張商工会議所らによる実行委は「閉塞(へいそく)感を華やかな演出で打破し、夢と希望を持てるよう発信したい」としている。花火大会2012東海

やっぱり気になる人の年収

どんな仕事でも気になるのが人の年収。特に同じ業界だと自分が多いのか少ないのか、働きに合っているのかいないのか大変気になります。国税庁が平成22年度のデータをもとに発表している各業界の平均年収は・・・。

平成22年において平均年収がもっとも高い業界は「電気・ガス・熱供給・水道業」で696万円、2番目は「金融業,保険業」の589万円、以下、「情報通信業」の564万円、「学術研究,専門・技術サービス業」、「教育,学習支援業」の509万円と続きます。また、14に分かれた業界のうち、平均年収が500万円を超えるのはこの4つの業界のみで、400万円台は4業界。300万円台は「医療,福祉」の389万円、 「不動産業,物品賃貸業」の387万円などの5業界、200万代は「宿泊業,飲食サービス業」の247万円となっています。

以上のことを踏まえると結構、看護婦の年収が高いのがわかりますね。仕事がハードなのはわかりますが、どうしてもよその病院の看護婦の年収が知りたいのであれば、看護婦紹介サイトに登録してみたらいかがですか。

夏の楽しみは花火大会

花火大会と聞くとわくわくしませんか?

私は夏の思い出といえば真っ先に花火大会を思い浮かべます。真夏の暑さがようやく和らいだ夕刻に突如として爆音とともに打ちあがる花火。誰もが我を忘れてその美しさ、迫力に目を奪われます。

それまでの喧騒がうそのように静まり返り、真っ暗な夜空にきらびやかな花火が開くとともに湧き上がる歓声。いきなりの異空間への放り込まれたようなあの感覚は老若男女だれもが忘れなれない記憶として残るのでしょうね。

昨年は震災のため花火大会を自粛するところがありましたが、今年の関東での花火大会を見てもほとんどのところが再開される予定であり、復興祈願のため2,3年前に中止になったところでさえ、復活開催されるようなところも出ているようです。

関西の花火大会も大きなものが多いだけに、仕事や旅行ではぜひチェックしておきたいものですね。